七戸町立鷹山宇一記念美術館

homeはじめに>父の言葉

はじめに

父の言葉

青森県立美術館 館長

鷹山宇一記念美術館のホームページをお開き下さり、有難うございます。

父・宇一はこの美術館ができたとき、次のように喜びを語りました。

 

画人の生命も仕事も限りがあります。だが、作品は適切な管理がなされれば、何年でも生き続けることができます。

美術館ができたお陰で、いままでの仕事を整理する『時』が与えられ、作品の落ち着き場所を見極められたことは、晩年のわたしにとって仕合せなことでありました。

世界中に、あまたの画家たちが存在するなかで、自分の名が賦与された美術館をもつ作家は、はたしてどれだけいるか。

このことは老骨のわたしにとってなによりの名誉であり、どんな勲章を授与されるよりも価値のあることでした。

信念をもって己の道を行く若者たちの一光になればと念じつつ、郷里七戸町に感謝の思いを込めて。

鷹山 宇一

 

「人間はうまれてきただけで価値がある」 と言い続けてきた宇一の言葉を重く受けとめ、次世代を担う若者たちが何の衒(てら)いもなく、文化や芸術が深く浸透している生活を送って欲しいと切に願っています。

鷹山宇一記念美術館 館長 鷹山ひばり

電話番号:0176-62-5858 FAX番号:0176-62-5860