七戸町立鷹山宇一記念美術館

home鷹山宇一について>年譜2000〜

鷹山宇一について

2000〜

2000年〜

ご逝去後の鷹山宇一作品展覧会出品履歴は下記のとおり。

2000年
平成12年
板橋区立美術館・宮城県美術館主催
「TOHOKU/TOKYO 1925−1945」に鷹山宇一制作の木版画4点が出品される。
2001年
平成13年
八戸市美術館主催「石橋宏一郎をめぐる画家たち」に鷹山宇一制作の木版画・油彩画14点が出品される。
2004年
平成16年
千葉市美術館主催「日本の版画・1931−1940・棟方志功登場」に鷹山宇一制作の木版画2点が出品される。
2005年
平成17年
青森県立郷土館主催「東奥美術展の画家たち−青森県昭和前期の美術−」に鷹山宇一制作の油彩画2点が出品される。
2006年
平成18年
群馬県立館林美術館主催「夢のなかの自然−昭和初期のシュルレアリスムから現代の絵画へ−」に鷹山宇一制作の木版画3点が出品される。
2007年
平成19年
青森県立郷土館主催「花の肖像画−植物を描いた青森の人々」に鷹山宇一制作の素描画・木版画・油彩画4点が出品される。
滋賀県立近代美術館主催「天体と宇宙の美学」に鷹山宇一制作の木版画1点が出品される。
2008年
平成20年
鷹山宇一生誕100周年を迎える。 これを記念して鷹山宇一記念美術館を会場に、鷹山宇一生誕100周年記念展「宇一が愛した西洋ランプ/故郷(しちのへ)に帰った作品たち〜今、いっときの、預かりもの〜」を開催。

鷹山宇一生誕100周年記念展
「鷹山宇一生誕100周年記念展」の
開幕を祝いテープカット

開催式
開催式において
鷹山宇一孫・北村美緒さんにより
歌曲が披露される

このほか、鷹山宇一生誕100周年記念事業実行委員会が設立され、鷹山絵画の収集に協力するための募金活動が行われる。
七戸町美術資料として鷹山油彩画2点が購入され、お披露目式が開催される。
(お披露目式写真)

8/1お披露目式において七戸町美術資料として購入
された鷹山油彩画2点が初公開される
作品右から
「山のかなたに」(キャンバス・油彩、1948年、30F)
「夜明けの静物」(キャンバス・油彩、1990年、30S)

「鷹山宇一百寿の祝い」を開催。
(百寿の祝い写真)

「鷹山宇一百寿の祝い」より

| 1908〜1930  | 1931〜1960  | 1961〜1990  | 1991〜1999  | 2000〜 |

電話番号:0176-62-5858 FAX番号:0176-62-5860